夫の癌宣告から、辿り着いた二つの選択肢 〜 ひさみ ストーリー ⑨

夫の体調が良くない日々が多くなり、ある時高熱が出て救急で病院に行くと、このまま帰すわけにはいかないので入院するようにと言われました。

その日のうちにいくつかの検査をされ、次の日には医師から癌の宣告を受けました。
夫はすぐに自分の余命を尋ねます。医師からは治療するには手遅れだということ、緩和治療を行いながらも余命は10日ほどと聞かされます。


私は、マテリアルマインド(自我)で、夫が37歳で死ぬことを知ってからは、私が彼の死期のラインを動かすことができると信じていたので、自分が変えることができなかった現実に無力感を感じていました。


ふと夫を見ると、夫のマテリアルマインドのエネルギー循環が止まっっています。
「いつ死んでも悔いはない!人生は太く短くがいい。長生きはしたくない。」と口癖のように言っていた夫でしたが、実際に死を宣告されると、全然覚悟ができていない人のように動揺しているのがわかります。

彼は、頭の中の思考が完全にストップしている様子でした。
彼のマテリアルマインドのエネルギーラインが完全停止すると、その背後からスピリットマインドのラインがはっきりと現れてくるのがわかりました。

その時私は、マテリアルマインドのラインは、初めからスピリットマインドのラインの中にあったということを理解します。

スピリットマインドになると、とてもシンプルで、
生きるという体験を楽しみたいという思いだけがそこにあります。

人は簡単に死を口にする傾向がありますが
それはマテリアルマインド(自我)が生んでいる言葉に過ぎません。
私達は本質のスピリットマインドになれば、肉体を持ってこの世界で生きることの素晴らしさを思い出すことができるのだ、ということもわかりました。


実際、癌を宣告された後の私達は、マテリアルマインドが持つ恐れの性質を、個々に超えていく必要がありました。

それぞれが自分の恐れと向き合いました。焦り、抵抗、葛藤、怒り、不安、悲しみ、など、沸き上がってくる感情を感じながらもがきました。

過去の私が鬱病になり、その時の「今」としっかりと向き合い自分軸を立て直してくれていたからこそ、こうして逃げずに、今の現実に向き合える自分になっていることに感謝しました。

私は、今の私が強く感じている恐れと向き合い続けました。

もがいて、もがいて、
もがききった後、マテリアルマインドの恐れの質がタイトにしぼられてきました。
それは、悲しみと不安、死(別離)への恐怖でした。

私は、夫を失う恐怖で悲しみと不安に支配され
夫は、家族を置いていく悲しみと不安、自分の存在が消えることの恐怖
を強く、強く、感じていました。


そして、
私達がもがき、行き着いた先にあったのは、
2つの選択肢。

いつかやって来る死に焦点を当てて、恐れの中で残された日々を過ごすか。

今の生に焦点を当てて、一緒に過ごす奇跡を感じながら日々を過ごすか。


もっとシンプルに、、、
愛を選ぶか、愛じゃないもの(恐れ)を選ぶか
ということ。

私たちは、愛を選びました。

彼にいつ死が訪れるかわからない状態の中で、
私たちは、毎日、

今を生きること、
奇跡を感じ続けることに集中しました。

 

毎日完結。次の日はリセットされた新しい日。

 

 

 スピリットマインドトレーニングにご興味のある方はご登録くださいね!

2021年1月に米国で先行発売される、もう一つのマインド、スピリットマインドを思い出すためのトレーニング「スピリットマインドトレーニング」。

 スピリットマインドとは「起きてくる出来事に左右されない魂的な生き方ができるマインド」です。夫ジェフリー・アレンと共に、スピリットマインドを世界に向けて発信するプロジェクトを手がけています。

メーリングリストにご登録いただいた方には、日本での発売開始のお知らせや特典などをいち早くお届けします。


個人情報は第三者とは共有しませんので、ご安心ください。

Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.