2022年の意識の持ちよう:1日が一生

エネルギーの視点から言うと、人間が決めた節目以外にも、エネルギーが大きく変化して意識が切り替わるポイントは実はたくさんあります。

ですから新しい年に向けて何か特別なメッセージということではなくて
これからどのような新しい意識を育てると、エネルギーの摩擦からくる精神の消耗を防ぎ、今という時を満ちた心で過ごせるかということでお話をすると、

今日1日を一生として生きる!

これにつきます。

どういうことかと言うと、、、


エネルギーの視点から視ると、今の私達はもうすでに
「今ここ」にしかいられなくなっています。

でも多くの人の「自我」の部分は、まだこの感覚に追いついていません。

言葉を変えると、
身体は時間軸がある領域に生きているのだけど、
意識領域は時間軸を越えているのです。

来年はますます「今ここ」に根付いて生きている人ほど
内側も外側も満ち足りた日々を過ごすようになります。

また、これからも地球レベル国レベルで変化は続き、周りの状況はどんどん変わっていきます。今までの変化は準備体操のようなもの。これからが本番です。
その変化の大波小波がやってくる時「今ここ」にいる人ほど、
恐れや苦しみに飲み込まれることなく、外側の変化を柔軟に吸収し新しいエネルギー循環を生み出します。自然に新しい自分を創造していくことができるのです。

 今ここに意識がある状態が定着したら、恐れを感じても飲み込まれることは絶対にありません。
ですから、あなたの自我が、「今ここ」にいる感覚に慣れるように
来年は、ぜひ次のような新しい視点をあなたの中に育ててみてください。


今日が今世
昨日は過去世
明日は未来世

私達の魂は数えきれない程の回数、輪廻転生しています。
今世のあなたの性格や資質も、過去世で繰り返してきた資質のパターンを受け継いでいます。
この時間軸をギュッと短縮したのが、「一日をあなたの一生として生きる」という視点です。


もし、今日、あなたが昨日のことを考えていたら、あなたは過去世を引きずっています。

その過去世の思いや考えは、今世のあなたに受け継ぎたい気質ですか?

自分自身に問いかけてみましょう。

これは今世(今日)の私の魂に引き継いでいきたい気質?
それとも、今世(今日)で終わりにしたい気質?


もちろん、決めるのは今世(今日)のあなたです。

どんな気質を持ち越したいのか、持ち越したくないのか
を考えてください。

持ち越したくないなら、あなたの今世(今日)で違う視点を取り入れ、勇気を持って新しい流れを作りましょう。

もちろん、過去世(昨日)をひきずる日もあります。その質を一週間引き継ぐこともあるかもしれません。それでも、大丈夫!

そんな時は、魂の転生という大きな視点を思い出してください。
私たちの魂は、持ち越したくない気質を増幅させ続けた転生だって沢山あるのです。

「引きずっていてはダメだ」と判断の方へ意識を傾けていかないで
「私のこの気質は幾世にも渡って受け継がれた、相当手強い気質なんだな。」という大きな視点で理解してあげましょう。段々と持ち越せなくなっていきます。大きな視点は包みこむ愛のエネルギーだからです。^^


明日という未来世も同じです。
自分自身に問いかけてくださいね。

(この質を引き継ぎたい?)
(私はどんな質を自分の未来世に引き継ぎたいの?)

 

過去世 今世 未来世

という意識の視点を習慣化していくと、
あなたに愛や幸せをもたらさない気質が、あなたの中で存続できなくなり、
満ち足りた今世(今日)の連続を生きられるようになります。


あなたの1日をあなたの一生として生き切る。

今世をあなたらしく愛の中で過ごせますように。
どうぞ良いお年をお迎えください。

今年も温かい愛ある繋がりをありがとうございました。

感謝
アレン恒美

 

 

 

 スピリットマインドトレーニングにご興味のある方はご登録くださいね!

2022年に米国で先行発売される、もう一つのマインド、スピリットマインドを思い出すためのトレーニング「スピリットマインドトレーニング」。

 スピリットマインドとは「起きてくる出来事に左右されない魂的な生き方ができるマインド」です。夫ジェフリー・アレンと共に、スピリットマインドを世界に向けて発信するプロジェクトを手がけています。

メーリングリストにご登録いただいた方には、日本での発売開始のお知らせや特典などをいち早くお届けします。


個人情報は第三者とは共有しませんので、ご安心ください。

Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.