エネルギーの領域が突然見えなくなる 〜 ひさみ ストーリー ④

13歳〜32歳 マテリアルマインドの目覚め

その朝のことをよく覚えています。

目が覚めると、今までと全く違う感覚でした。

何が違うのだろう?
すぐに気づきました。ずっと当たり前に見えていた、二つの次元の一つ、エネルギーの領域が消えているのです。

全開だったスピリットマインド(魂と繋がったマインド)も閉じ、どんな状況の中にいても安全でいつでも守られていた感覚が、私の中から突然消えました。


その朝を境目に、マテリアルマインド(自我)の私が優位になり「自我の思考の世界」で現実を体験し始めます。

エネルギーの領域が見えなくなった日から、私の内側はソワソワして居心地が悪くなり、自分の外側に安心できる居場所を探すようになりました。周りの目を気にするようになり、どう思われているかが異常に気になり始めます。

人に好かれる私にならなければという思いが急に強く感じるようになって、「人に嫌われる怖れを感じている新しい私」が自分の中の大半を占めるようになっていきました。日々、「人に合わせる」「人に好かれる」「外側に安全な居場所を見つける」ということに意識を注ぐようになります。


たまに、その状態を楽しんでいるスピリットマインドを、私の意識の片隅で感じることもありましたが、それはすぐに消え失せてしまいます。


マテリアルマインドが優位の新しい私の世界では、時々、ほんとうに時々、エネルギーを知る必要のあるポイントに来たときにだけ、スピリットマインドになり、エネルギーの領域が視えて照らし合わせが起きます。

でも以前と大きく違う点がありました。違う点を言葉すると、エネルギーの領域に深み?奥行き?が現れたこと。

マテリアルマインドのエネルギーの種類もさらに複雑になりました。
人間の感情や思考エネルギーの配列のようなもの(パターン)、そのエネルギーの拡大や縮小の流れ、変化を促す配列を知らされます。

言葉にすると、何それー!!ですよね。(笑)


でもエネルギーの領域とつながっている時の私は、いつもスピリットマインドですから、一瞬で照らし合わせ知らされ理解できるんです。
その時そこには、エネルギーの様子や理解したことを、他の人に話せる意識、マテリアルマインドは存在しません。

仕事として私のこの世界をシェアするようになるまでは、他の人に話すという発想自体がありませんでした

仕事をしていると、...

続きはこちら
Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.