突然、未来を知らされる 〜 ひさみ ストーリー ⑥

物質世界が消えた瞬間

13歳のある日、今まで同時に見えていたエネルギーの次元が突然視えなくなってから、私はマテリアルマインド(自我)が優位な状態で日々を重ねていきました。

そんな私に、また『ある日突然』が起きます。

それは15歳の時でした。また時間で表したら一瞬のことですが、今度は当たり前に視えていた物質世界が完全に消え、エネルギーの次元だけになったのです。

当然、物質世界が無いので、エネルギーの照らし合わせは起こりません。

純粋なエネルギーの次元だけだったので、現実で私が何をしている時に、それが起こったかを繋げる記憶の次元も存在しません。

 

その頃、私には付き合い始めた彼がいました。

エネルギーの次元だけになり知らされたことは、彼に関係している未来でした。 

「将来、彼と結婚する。19歳で母親になる。女の子が生まれる。彼が37歳で死ぬ」という人生の大まかな流れを知らされました。

(エネルギーの次元で知る様子をお伝えするときは、時間軸がある中で言葉で知らされ、言葉を使った思考で理解しているような表現になってしまいますが、実際の言語?は、テレパシーが近く、言葉も感覚に近い言語です)

 

突然、そんなことを知ってしまったら、普通はびっくりするのでしょう。

好きな人と結婚できることがわかるのは、心配がなくなり嬉しいのかも知れないけれど、いつ死ぬのかまでも知らされたら、、。

きっと未来を想像して、葛藤が膨らみ、恐れが増し、選択に迷い、考え込んでしまうと思います。それが良くも悪くもマテリアルマインド(自我)の性質だから。

でも、私がエネルギーの次元で知らされる時は、いつもスピリットマインド。

スピリットマインドなので恐れの質は0%。良い悪いの判断も生まれず、その体験をするということを、ただ、知るだけ。

「おお~この人と結婚できるんだ。私19歳でお母さんになれるんだ。そっか、友達の中で一番早く死んじゃうのね」知って完結。

 

これは今の私になってわかることですが、このように人生の全体の流れを知らされる時は、膨大なエネルギーの量が一瞬で循環するので、マテリアマインドだけではなく、マテリアルな物質世界すら私の中で存在できなくなるのだと思います。

 

その後の私は、この一連の流れを全部知っているのだけど、すっかり忘れて過ごします。(この2つの次元の意識を、同じ時の視点で言葉すると変ですね。笑)

 

そして実際にその彼が私の夫となり、19歳で可愛い娘を授かり、私はマテリアルマインドが優位のまま物質世界にどっぷり浸り、彼に依存しきった結婚生活を送っていきます。

どんな夫婦にも起こりうる(起こり得ない?笑)紆余曲折が多々ありましたが、程よいところでエネルギーの領域が視え、照らし合わせが起きることで、私の視点がスピリットマインドに切り変わり助けられてきました。

とは言っても日々の視点は、ほぼマテリアルマインド(自我)。全てを夫に委ね切って、守ってもらうこと、いつも気にかけてもらえることで愛を感じ、また必要とされることで安心します。それらはいつしか、私の心が決める幸せのバロメーターにもなっていました。

 

31歳になったばかりのある日、他者へ依存して生きる癖が、完全に私に定着した頃、、。

「夫が37歳で死ぬ」ということを、なぜかマテリアルマインド(自我)でキャッチしてしまいます。

 

そしてこの日を境に、私のマテリアルマインドは少しずつ、スピリットマインドの次元にアクセスできるようになり始めます。

スピリットマインドの質、何のジャッチも存在しない平和な領域にある『ただ知っている」という情報達が、マテリアルマインドの質(自我)で循環されると、どのように活性化していくのか、、。

私はマテリアルマインドが翻訳したストーリーの現実を、どっぷりと体験していくことに。。

 

 

 スピリットマインドトレーニングにご興味のある方はご登録くださいね!

2021年1月に米国で先行発売される、もう一つのマインド、スピリットマインドを思い出すためのトレーニング「スピリットマインドトレーニング」。

 スピリットマインドとは「起きてくる出来事に左右されない魂的な生き方ができるマインド」です。夫ジェフリー・アレンと共に、スピリットマインドを世界に向けて発信するプロジェクトを手がけています。

メーリングリストにご登録いただいた方には、日本での発売開始のお知らせや特典などをいち早くお届けします。


個人情報は第三者とは共有しませんので、ご安心ください。

Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.