幸せな記憶を未来の自分の痛みに変えないために 〜 ひさみ ストーリー 12

私達は、日々、様々なエネルギーを循環して生きています。
時には、エネルギーが滞ることがあります。
そして、この滞ったエネルギーが人間に苦しみをもたらしていきます。

でも、今滞っているエネルギーを、理性で押し潰さずに、そのままの質で
今の自分が、愛を持って一緒に感じてあげることで癒され流れていきます。

 

夫が亡くなり、一人で時間を過ごしていた私は、
ある時、自分の感情エネルギーの一部が気になり始めます。そこはいつも滞っていて動きがとても鈍かったからです。
私は自分の内に入り、そのエネルギーに当てはまりそうな記憶を探っていくと、
また突然、哀しみの津波が襲ってきて号泣します。

号泣しながら視えているエネルギーラインは、未来の自分に大きく影響しているラインでした。過去の幸せな記憶を未来の自分の痛みに変えないために、今の私自身がしっかりと感じ切り、光を当てて、ちゃんと現実に落とし込む必要があると思いました。


『愛を痛みになんか変えない!!』

この滞ったエネルギーが、そのままの質で流れていくような場所へ、自ら進んで行こうと決めます。

 

夫の闘病生活中、私達はよくデパ地下にいき、その時の自分が食べたいと思うお惣菜を買って帰ることが楽しみの一つでした。ある日は試飲や試食で満腹。メインからデザートまで頂いちゃったことが可笑しくて笑いあったり、ある日は、食べたくて買った物が多すぎて、夕食がホテルのビュフェ状態になったりと、いつも笑いが絶えなかった楽しい記憶ばかり、、。
私にとってデパ地下は幸せの象徴のような場所でした。


夫がいなくなり独りデパ地下に行って、
幸せそうな家族や、年配のご夫婦を眺めていると、幸せの記憶が痛み(悼み?)になって溢れ出てきます。
もう私には訪れることのない未来を思って、感傷的な渦の中に入り心が苦しくなっていくのを感じます。


私は私を癒す目的を持って、それらの思いを愛の中で経験していました。


苦しさにじっと寄り添い、
瞬間瞬間出てくる気持ちに共鳴し感じていきます。

「そうだね。会いたいよね。辛いね。まだまだそばにいて欲しかったよね。一緒に来たかったね。もうできないね。辛いね、、辛いね、、」

一緒に過ごした記憶の数々に
心が痛みます。

この痛みを例えるなら、、
大火傷をして
赤い皮膚がむき出しになった状態のところに、潮風が強く吹き付けるような、、。

きっと、悼みを経験している方はわかるでしょう。

私は、深い悲しみを感じて泣くということを、
繰り返しながら、

 

同時に、何一つ欠けていない満ち足りたスペースで、
新たな何かが、私の中でムクムクと育ち始めているのを感じます。

新しいエネルギー循環の流れが始まっていたのです。


何か新しいものが創造されていく感覚、広がりのある感覚は、
違う次元に旅立った夫から送られてくる
新しい愛の循環だとわかりました。

 


私は、ここから、
9ヶ月の間、違う次元にいる夫の魂の振動数に合わせ、
新しいエネルギー循環のライン、私と夫との新しいコミュニケーションの形を活性化させていくことになります。

 

 スピリットマインドトレーニングにご興味のある方はご登録くださいね!

2021年1月に米国で先行発売される、もう一つのマインド、スピリットマインドを思い出すためのトレーニング「スピリットマインドトレーニング」。

 スピリットマインドとは「起きてくる出来事に左右されない魂的な生き方ができるマインド」です。夫ジェフリー・アレンと共に、スピリットマインドを世界に向けて発信するプロジェクトを手がけています。

メーリングリストにご登録いただいた方には、日本での発売開始のお知らせや特典などをいち早くお届けします。


個人情報は第三者とは共有しませんので、ご安心ください。

Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.